取り敢えず余計なことはせずに、安全を確保してください。飛び散った破片がある場合は、ケガをしないように回収しましょう。窓枠に残ってある尖ったガラスは、小さい子供に触れると危険ですので段ボールや、できれば比較的頑丈なベニヤ板で塞いでおきましょう。そこからがガラスの修理をするスタートになります。

■まずはガラスの修理ができる業者に依頼

安全を確保すれば、次にするのはガラスの修理を依頼してください。検索したり、電話帳で調べて直接連絡するのも良いでしょう。最近は検索することで、ガラスの修理ができる業者が集まったポータルサイトがありますので、そこから地域検索をしたり、コールセンターに連絡をすることで地域の業者に連絡ができるシステムがあります。

業者によって異なるのは値段と施行日になり、技術力はそれほど変わりません。安かったり、早く修理できたりする違いがありますので、そこは慎重に選ぶと良いでしょう。

■料金の見積もりで判断してもOK

見積りを取るのも、賢い修理方法になります。費用の違いがわかりますので、業者も選びやすいです。ただし見積もりをとってから行うと、その分時間が掛かることから、一時的なガラスの修復は万全に行わないといけません。また追加料金がない業者を選ぶ必要があります。業者によっては、面倒なお客さんと判断されて断られることもありますので、サイトなどで良心的な業者を選出する必要があるでしょう。

■急がないことが満足できる方法

ガラスが割れたときの修理はどうすればいいの?

ガラスが割れてしまい、風穴があくと早くなんとかしなければいけないと感じてしまう人が圧倒的に多いことから、急いでしまい結果、損をしてしまうことも多くあります。そのようなことにならないためにも、納得できる業者を選んでください。

基準:ガラス修理・交換を安心価格 http://水道・ガラス・鍵修理は生活トラブル救急車.com/glas/

◆割れたりヒビが入ったガラスの修理をする手順を知ろう
ボール遊びをしていて割れたり、荷物をぶつけることでパリーンと行くこともあるのがガラスです。普段は丈夫でそう割れることは少ないのですが、ぶつけ具合によっては簡単に割れてしまうこともあるのがガラスですので、そう落ち込まずに速やかに業者に連絡してください。その手順を知っておきましょう。

■破片の片付けから行う

破片が床に散らばっている場合は、ケガをしないように塵取りやガムテープなどを使って徹底的に排除してください。サッシに残っているガラスは、不用意にあたらないようにそのままにしておくと良いでしょう。天候によって雨や風が吹き込む場合は、段ボール等で塞いでください。そのあとに業者に連絡しましょう。早ければ即日に調査に訪れてくれます。

場合によってはガラスの種類や大きさを尋ねられることもあります。いろんなガラスの酒類があり、大きさも窓枠を除いて測る必要がありますので、意外と面倒です。わからない場合は業者に任せておきましょう。

■現地調査から施行まで

現地調査が始まります。ガラスの種類や大きさ、そしてサッシの具合などを調べます。ガラスの種類がわかっている場合は、先に業者の方が用意してサイズを測り、その場でガラスをカットして、取り付けに入ることも可能です。早ければ即日、特殊なガラスであった場合は数日かかることがあります。時間が掛かる場合は、現地調査のときに割れたガラスの一時的な修復を業者がしてくれますので、それまで凌いでください。

■早く安く丁寧な業者を

希望するのは早くて安く施行してくれるガラスの修理ができる業者になります。業者によって修理費用が異なることもありますので、丁寧な業者を選ぶことをおすすめします。どこも同じと想像しないようにしてください。