突然のことが起きてしまうと、誰もが焦ってしまいます。普通に生活をしていれば割れることがないガラスですが、不意なことで壊してしまうこともあります。そんなときは大抵焦ってしまうでしょう。ただその焦りが後悔する結果になることも。ガラスの修理は焦らず、慎重に行うことが大切です。

■焦りはケガを招く

小さな子供がいる場合、早めに片付けないといけないと焦ってしまうのも仕方ありません。そんなとき大体大人がケガします。まずは子供近寄らせないことに徹してください。そのあとに丁寧に破片を取り除きましょう。特に室内のガラスが割れた場合は、丁寧に行うことをおすすめします。

割れた箇所は、修理をする業者が来るまで段ボールなどで塞いでおきましょう。そのままにしておくと、子供がケガをする可能性があります。特に外に接する側が割れてしまうと、雨や風、また虫や寒気が入ってきますので、しっかり塞いでください。そのときもケガをしないように作業をしましょう。軍手は必須です。

■焦りはベストな選択ができない

次は業者を選ぶことになりますが、ピンからキリまであるのがガラスの修理業者です。慎重に選ばないと、費用が掛かることになります。ベストな方法はサイトを持っている業者に依頼することです。料金設定が掲載されていますし、その業者の雰囲気までも感じることができます。そのような雰囲気が料金や作業の丁寧さ、そして接客に繋がりますので、慎重に選びましょう。焦ってしまえば、ベストな選択ができなくなります。

■焦りは損を招く

何事にもそうですが、焦ることで良いことはありません。不意に割れてしまうガラスですので、なんとかしないといけないとする行動力が失敗を招き来ます。落ち着いて行動をしましょう。