ガラスが壊れたから、修理できるならどこでも良いという考えでは失敗してしまうことがあります。選ぶべき業者があります。また場合によっては、特定の業者しかできないこともありますので、選ぶべき点を知ってから選択しましょう。

■業者の選び方

ふたつ選択方法があります。インターネットを使って、ガラスの修理ができる業者を調べると、全国対応をしているサイトを見掛けることがあります。加盟店になっており、メールやフリーダイヤルで連絡を取ると、地域の業者を紹介してもらうシステムです。比較的早く対応してもらえるのが強みになります。

また自分で地域のガラスの修理店を探して連絡すると良いでしょう。込んでいなければ対応も早いですし、また価格も加盟店を紹介してもらうシステムよりも、仲介役が居ないことで安くなることが多いです。技術力に関しては大差はありませんので、好きな方を選んでも構いません。

■重視するべき点

たとえば泥棒に入られてガラスを割られた場合は、防犯力があるガラスを使いたいと希望することもあるでしょう。その場合は対応したガラスを扱っている業者を選択しないといけません。ただ修理だけを依頼する場合は、通常のガラスを修理する業者で構いません。

もともと修理するガラスの方が特殊加工されたガラスである場合、日数が掛かることがあります。そのような事情で業者の方から断られることもあります。特に地域に密着している業者ほど、そのようなことが起きる可能性がありますので知っておきましょう。

■希望に合わせた業者を

安いことに越したことはありません。業者がサイトを所有していれば、料金表をみたり、お店の雰囲気を感じ取って選ぶのも良いでしょう。希望に合った業者を選択してください。